シャワーで取れない臭いチャンピックスで禁煙して手当

喫煙者は身体からタバコの臭いがします。一本吸っただけでもわかると言われていますので、長い間吸っている人は全身からくさい臭いがします。まず口です。喫煙者は今吸っていなくても息がタバコ臭いです。そして髪の毛です。頭髪が臭うだけではなく汚れが目立ちます。さらにこれだけではなく、全身から臭いがすると言ってもいいです。タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素が血液と一緒に身体全体に回るからです。喫煙者はタバコをふかした後家に帰宅した時とか、これから出かける前にシャワーを浴びてタバコ臭さを消そうとしますが、身体の表面に付いた何かを落とすわけではなく、身体の中から染み出てくる臭さですので、シャワーを浴びたくらいではまったく消えません。このような身体になったら、タバコによって内臓もかなりおかされていると考えられますので、1日も早く禁煙すべきです。近年は、禁煙意識の高まりから社内禁煙や分煙にしている会社も増えてきましたが、そういう会社はタバコをやめると非喫煙手当が付いたりしますので、ずいぶん得です。経済的にも禁煙が大事です。禁煙に高い効果を発揮するのがチャンピックスという飲み薬ですが、病院の禁煙外来でこれを保険診療で使うことができます。保険の適用になるにはいろいろな条件にあてはまらなくてはなりませんで、例えば1日の喫煙本数掛ける喫煙年数が200以上、スクリーニングテストに答えて一定の点数以上、といった条件をクリアする必要があります。しかし、シャワーを浴びても身体からタバコの臭いがいっこうに消えないような人は、喫煙歴もかなり長いと思われますので、保険で診療を受けられます。チャンピックスを決められたようにきちんと飲んでいけば、高い確率で禁煙できますから、健康な身体を取り戻せます。